財団について

理事長あいさつ

公益財団法人愛恵福祉支援財団は1930(昭和5)年にキリスト教の宣教師、ミス、ミルルドレッド・アン・ペインによって足立区本木(当時西新井町)に設立された「愛恵学園」に始まります。荒川を渡ったこの地域は東京大震災を受けた者たちやその後の社会、経済的混乱の影響を受けた者たちが移り住んだ地域でしたので、「愛恵学園」は乳幼児の健康相談や乳幼児の保育、児童の健全育成などの事業を行いました。太平洋戦争を挟んで60年間事業を続けましたが、地域の再開発のため事業を閉鎖しました。その後、東京都の助言を受けて、新たな役割を持った財団法人(2012年4月より公益財団法人)として生まれかわり現在に至っています。約1世紀前にミス、ペインによってまかれた種は日本の社会の変化に合わせながら、今も形を変えて育ち続けています。

私たちはキリスト教の精神に支えられて事業を進めていますが、託された使命は、国際性、開拓性、献身性にあると考えています。このミッションは愛恵学園の実践で大切にされてきたものでしたので、今の時代が求める課題に向き合う時の大切な姿勢にもなっています。

社会福祉は今日、医療、教育等と同様に国民生活にはなくてはならない制度となっています。これは日本だけにとどまらず、世界共通の動向でもあります。私たちは先達から託されました物心両面の大切な遺産を、平和と豊かな福祉社会を創造するための活動に用いてまいります。 公益財団法人愛恵福祉支援財団は、今後とも時代の歩みに沿って、与えられた使命と役割を果たしてまいりたいと思いますので、多くの皆様のご協力とご支援をよろしくお願いいたします。

沿革

財団法人愛恵 学園は1930(昭和5)年にアメリカ メソジスト教会宣教師ミルドレッド・アン・ペインによって東京都足立区本木町に設立され、周辺としては唯一のセツ ルメント事業が開始され、以来60年に亘って様々な事業が行われました。愛恵学園の設立に努力を惜しまなかったペイン先生をはじめ、これを支えたアメリカ  メソジスト教会と信徒を含め、多くの人々の祈りがここに結実しました。愛恵学園はペイン先生の強い信仰と誠実なクリスチャンの職員の働きにより、ナース リースクール、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生に至るまで惜しみなく、愛と恵の宗教教育を与え続けました。

愛恵学園設立の目的は、当時にあって①幼児を育てる、②健康で、清潔な環境づくり、③健康な身体を育てる、④青少年の心の拠りどころを確立する、⑤この世で悩み苦しむものを救済する、⑥キリスト教精神を育てる、でした。
1998年所期の目的を果たして学園は解散します。
その創立の精神を受け継ぐものとして、愛恵学園からの寄付を財産として旧財団法人愛恵福祉支援財団が設立されました。
2012年4月1日、内閣府より公益財団法人愛恵福祉支援財団として認定されました。

概要

法人の名称:公益財団法人 愛恵福祉支援財団
事業開始日:1998年10月1日
所在地:〒114-0015 東京都北区中里2-6-1 愛恵ビル5F
電話:03-5961-9711(代)/FAX:03-5961-9712
代表理事 遠藤 久江

 

 

 

 

 

 

 

 

情報公開

情報公開についてはコチラをクリックしてください。