― 愛恵エッセイ賞 表彰式 ―

 

2月18日(土)午後2時より北区王子の「北とぴあ」14階カナリアホールで、愛恵エッセイ賞の表彰式が行われました。

第一部 表彰式

ご出席の受賞者の皆様に愛恵福祉支援財団、濱野一郎理事長より表彰状が授与されました。

遠方のため、またお仕事や学校などのご都合でご欠席された方々へは後日表彰状と副賞が贈られます。

続いて審査員により全体、そして各部門における講評が述べられました。一般、専門職、学生の部、全ての作品に籠められた作者の思いが心に伝わり、賞の選考にご苦労された様子がうかがわれました。

第二部 講演 「気持ち伝わるコミュニケーション」

手話通訳士の加藤邦子先生による講演をお聞きしました。 聞こえない方々は見た目では障害がわからないため、周りの人たちに気付かれずお困りのことが多くあります。「もしや」と思ったら簡単な手話で話しかけてみて、その後筆談をしたらコミュニケーションが取れます。まずはあいさつから手話を覚えてみましょうとのことで「こんにちは」や「ありがとうございます」などの手話を教えていただきました。

 

第三部 懇親茶話会

サンドイッチやお菓子、お茶をいただきながらご出席の受賞者お一人おひとりにスピーチをお願いしました。その作品を書かれた背景や作者のお人柄の温かさが偲ばれました。

 

お帰りになられる時の皆様の笑顔が印象に残ります。和やかな時間を過ごすことができ、スタッフ一同感謝です。2017年度のエッセイ賞にも多くの方からのご応募をお待ちしております!

 

愛恵福祉支援財団 事務局

 

受賞作品集はこちらからご覧いただけます