Love and Grace Welfare Aid Foundation

財団の事業

  • HOME »
  • 財団の事業

1 海外研修

社会福祉制度が充実している先進国を訪問し、優れた社会福祉実践を体験的に学習することを目的に実施します。
特にキリスト教の精神を基盤にして、サービスの利用者の日常生活を大切にした支援や地域社会全体で支えている福祉活動のあり方を学習します。

kaigai 

 

2015年実施例
研修地:オーストラリア国 クィーンズランド州イプスイッチ市(11日間)

2016年度実施例
訪問型子育て支援ボランテイア育成のためのリーダー研修 研修地:イギリス レスター市

2017年度実施予定
研修地:アメリカ・ポートランド市における研修 ポートランド州立大学における講義と市内の先駆的な取り組みの施設見学

2018年度

2018年10月28日~11月3日  「世界の高齢者のケアを学ぶⅡ アメリカ・ポートランド市における研修」

2019年1月13日~1月18日  「地域で育てられる子どもと家族 ~シンガポールの児童福祉実践~」

2019年度

2019年10月14日~10月19日 「世界の高齢者のケアを学ぶⅢアメリカ・ポートランド市における研修」

 

2 講座・講習会等の開催

社会福祉の担い手は常に新しい知識及び技術を習得し、社会福祉活動の充実に寄与することが期待されています。
多様な課題やテーマについて講座・講習会・施設訪問研修会等を企画し実行します。
また、ボランティア、一般市民に対しでも社会福祉への啓発、啓蒙を意図した講演会・教室等を開催して社会福祉の振興を図ります。

seminar

手話教室

愛恵福祉支援財団の手話教室は初めて手話を勉強する人から、中級、上級の方まで、それぞれの技能に応じたクラスを設けており、楽しく確実に手話を身に付けるための講座です。
◆開講クラス・曜日
原則的に月2回、第2週・第4週の開講。授業数は年間20回。
(4月より始まります。なお8月は夏休み)

syuwa

3 社会福祉育成活動推進支援(助成事業)

◆資金助成

社会福祉法人、NPO法人等が実施している事業のうち、比較的小規模な施設、または障害者支援等に財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓的な事業に対して財政的な助成をして支援します。

※助成内容

助成総額 700万円
1法人当たり20万円を限度とする。
事業運営に必要な設備備品等の購入に対する助成

josei

 2020年度

  緊急助成金

新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けて、緊急な対応を迫られている地域や施設の社会福祉活動や社会福祉施設等の事業に対して、助成を行うことを目的として実施しました。

期間:2020年7月~10月  交付 57件 総額 23,632,763円

  一般助成金

公募期間  2020年9月5日~11月15日  交付 51件 総額 9,436,250円

 

 ◆ペイン記念奨学金

社会福祉の根幹を担う人的育成を図るため、社会福祉の専門教育を受ける者に奨学金を提供し、時代を超え福祉活動の推進に寄与する人材の育成するため「ペイン記念奨学金」を設立、給付を開始しました。

給付年額100万円以内(条件付)

社会福祉の実践分野のリーダーとしての人材養成を目的として、日本の大学院に在学する学生に年額給付額100万円を限度として、授業料相当額を奨学金として給付します。国内の社会福祉学部等の社会福祉専門職を養成している19の大学院を選定し、応募の機会を提供しています。

4 愛恵「エッセイ賞」募集

 豊かな社会福祉の実現のためには国民生活

豊かな社会福祉の実現のためには国民生活において社会福祉活動がなくてはならない社会制度として国民から支持されなければなりません。そのために、国民各層より広く助け合い支え合う体験や経験の「エッセイ」を募集し、社会福祉意識の涵養に貢献します。

essei

お問合せはこちらまで TEL 03-5961-9711 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

愛恵だより バックナンバー

PAGETOP
Copyright © 愛恵福祉支援財団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.